福岡のマンション経営ならエンクレスト

ホンナこつや!?通信HONNAKOTSUYA!? NEWS

  1. トップページ
  2. ホンナこつや!?通信

image photo

思わず「ホンナこつや!?」と
言ってしまう内容をお届け!

「ホンナこつや!?」とは、博多弁で「ほんとなの!?」という意味です。
思わず「ホンナこつや!?」と言ってしまうような驚きの事実や最新情報を、セミナー運営局よりお届けして参ります。

猛暑の夏も終わり、だいぶ涼しくなってきましたね。

いかがお過ごしでしょうか?

本日は、【ホンナこつや!?通信】をお届けいたします。
弊社セミナー運営局が、
「思わず誰かに話したくなるような情報をお届けしたい!」
という思いで作成しております。
今回は、日本の集合住宅の始まり「長屋」についてお届けします。

それではご覧ください。

━━━ INDEX━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
(1)「ホンナこつや!?」とは…
(2)【ホンナこつや!?通信】vol.16
大家の始まりは江戸時代?
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

(1)「ホンナこつや!?」とは…

博多弁で「ほんとうなの!?」という意味です。
思わず「ホンナこつや!?」と言ってしまうような驚きの事実や最新情報を、
セミナー運営局よりお届けして参ります。
世間話や雑談の小ネタにして頂けると幸いです。

(2)【ホンナこつや!?通信】vol.16 大家の始まりは江戸時代?

●日本の集合住宅は「江戸時代の長屋」がルーツ?

とりわけ日本の江戸時代の「長屋」とは、
複数の住戸が水平方向に連なる集合住宅の事を指します。

各住戸には玄関がひとつずつ設置されており、
住居としてきちんと独立していましたが、
その間の壁は共有物とみなされ、
まさしく「近所合壁」という言葉通りの造りでした。

●始まりは江戸時代?

この時代の長屋はほとんどが平屋建て(1階建て)で、
玄関に入るとすぐに台所(土間)があり、
部屋は2部屋程度のものが多く、
もちろん個別の風呂は無いので、
住民は近所の銭湯に行っていたようです。

トイレは共同便所が長屋の端などに設置され、
もちろん水洗などではなく、汲み取り式でした。

そして農家や専門の業者が、
畑の肥料にするために汲み取りに来ていたそうです!

●長屋では「汚わい」が管理費代わりだった?

歴史学的にも大小便(汚わい)の処理方法や制度は、
その国・その時代の文化レベルのバロメーターと言われてます。

幕末に江戸を訪れたイギリス人のアーネスト・サトウは
(イギリスの外交官でイギリスにおける日本学の基礎を築いた)
「江戸の街はきわめて清潔である」と言い残しています。

それもそのはず、
長屋で発生した「汚わい」は、
大家さんが農家や専門の仲買業者に販売し、
得たお金を自分の副収入にしたり、
長屋の修繕費などに充てていたそうです。

昔の人は「汚わいは管理費」と言いましたが、
まさに言い得て妙!

ちなみに、
当時の大家さんは長屋の持ち主というだけではなく
日常修繕などはもちろんのこと、
長屋住民の揉め事の仲裁、
または不動産売買の手続きまでやってくれていたそうですから、
ただの管理人というよりは、
現代でいう「マンション管理士」のほうが近いかもしれません!
借家業と管理業は江戸時代からあったんですね!!

ホンナこつや!?

■□■…………………………………………………………………………………
『知っておきたい!今だからこそ始めるマンション経営セミナー』

内容 : 低金利、年金崩壊、大増税、株価不安定、
ご退職後でもしょうがないといえますか?
貸家事業でローンを活用して、他力的な家賃で
資産を形成していくセミナーです。

講師 : 坪倉伸一(株式会社えん 次長 ファイナンシャルプランナー)

日時 : 毎月(第二土曜)13:30~15:30
※13:00受付開始
会場 : 株式会社えんコーポレーション西通り本店2階
(福岡市中央区天神2-6-23ワイ・エス・ケイ天神ビル2階)

参加料 : 無料
定員 : 先着20名

TEL 0120-81-6691 (月~金9:30~18:00)
※お電話でのご予約も受け付けております。
…………………………………………………………………………………■□■


汚わいが管理費だったなんて、歴史を感じますね。

次回もホンナこつな内容をお楽しみに!

ページトップへ