素敵な未来を創る為のマンション経営セミナー|株式会社えん

0120-81-6691 お電話受付時間:9:00~18:30(平日)

素敵な未来を創る為のマンション経営セミナー 素敵な未来を創る為のマンション経営セミナー

セミナー講師のご紹介

坪倉 伸一(株式会社えん 次長)

坪倉 伸一(株式会社えん 次長)

宅地建物取引士

AFP(日本ファイナンシャル・プランナーズ協会認定)

トータル・ライフ・コンサルタント(生命保険協会認定FP)

出身:高知県

趣味:バスケットボール・野球

平成13年、株式会社えん入社(初の新卒採用)。

入社後から着実に力をつけ、最年少で管理職に就く。

生命保険コンサルティング、株式投資・投資信託などの金融商品のご相談から、 公的年金・介護などの社会保障制度、相続や贈与に関することなど多岐にわたり活動している。

座右の銘:『過去を知り、未来を予て、今を活きる!』

原田 圭介(株式会社えん 課長代理)

原田 圭介(株式会社えん 課長代理)

出身:福岡県(宇美町)

趣味:バスケットボール、ゴルフ

平成19年、株式会社えん入社

現在、全国のお客様より年間約180件以上のご相談を受け、家計・生命保険の見直し等のライフプランニングの大切さを伝え、セミナー講師など幅広く活躍している。

座右の銘:「継続は力なり」


原田より一言

日々、何気に使っているお金で豊かな未来に繋がります。

試しに一度、お気軽にご相談されてみて下さい。

與 利貢(株式会社えん 課長代理)

與 利貢(株式会社えん 課長代理)

 相続診断士、シニア・ライフ・コンサルタント

出身:福岡市

趣味:ゴルフ、プロレス観戦

平成19年、株式会社えん入社

生命保険コンサルティング、株式・投資信託等、金融商品のご相談や、相続診断士の観点を元に、相続・贈与に関するご相談にも対応しています。
現在は、えんまん相続研究会のメンバーとしても活躍している。

座右の銘:「一葉落ちて天下の秋を知る」

会場のご案内

セミナー申込み

入力不備

申し訳ございません。入力内容に不備があるようです

大変恐れ入りますが、メッセージが表示されている項目をご確認のうえ、再度ご入力ください。

※同業者のご参加はお断りしております。ご了承下さい。

必須ご希望の参加セミナー
必須お名前
おなまえ(ふりがな)
郵便番号 ※郵便番号を入力すると、住所が自動入力されます。
ご住所
必須お電話番号
必須メールアドレス
年齢
職業
ご質問等ありましたら、
ご記入下さい

ほんなこつや!?通信思わず「ホンナこつや!?」と言ってしまう内容をお届け!

「ホンナこつや!?」とは、博多弁で「ほんとなの!?」という意味です。思わず「ホンナこつや!?」と言ってしまうような驚きの事実や最新情報を、セミナー運営局よりお届けして参ります。

  • 発行日:2017.09.28

東京オリンピックからのメッセージ!

【ホンナこつや!?通信】vol.29

東京オリンピックからのメッセージ!

今年の9月はいわゆるシルバーウィークもお預け。
気が付けば10月…まとまった休暇がとりたかったなあ、と残念な思いの方もいらっしゃるのではないでしょうか。
10月は大型連休こそありませんが、9日に体育の日という祝日が控えています!
さて、体育の日=体を動かす日、体育にいそしみましょうという趣旨の記念日、
という認識の方が大半かと思いますが、体育の日がなぜ制定されたのかについてはご存知でしょうか?

実は、「体育の日」は、1964年10月10日、初の東京オリンピックが開催された記念に制定された日なのです!
東京オリンピックといえば2020年にも開催が決定していますが、
オリンピックはその国や経済に非常に大きな影響をもたらす、
まさに世紀のイベントだといわれています。

1964年オリンピック、そのとき日本で何が起こったのか?
2020年のオリンピックでは何が起こるのか?
今回はこの二点に注目してみます。

●「史上初」に輝いた東京オリンピック、戦後の復活

1964年東京オリンピックは、それまでのオリンピックと比較しても段違いに質の高い、現代オリンピックの元祖ともいえるイベントとなったようです。
オリンピックの歴史を振り返れば、東京オリンピックはアジア圏で初めて開催されたものであると同時に、初の有色人種国家におけるオリンピックでもありました。また、過去最高の出場国数を誇っています。
まさに「史上初ずくめ」のオリンピックだったのですね。

1964年東京オリンピックはその華やかさと質の高さ、そしてあらゆるチャレンジが大成功をおさめたことで、全世界の人々を驚かせました。
世界がこのとき日本に見たのは「戦後脱却の光景」でした。
第二次世界大戦での敗戦後、急速な復活を遂げた日本が再び国際社会の中心に舞い戻る契機になった伝説的な出来事として印象付けられたのです。

「史上初」はまだまだ続きます。そのために日本企業がこぞって大活躍しました。
特筆すべきは、公式計時を担当したセイコー(現セイコーホールディングス)。
初めて、電子計時を活用したことにより正確な順位等の計測が実現し、
トラブルがないオリンピックが行われました。
あわせて、コンピューターにより、リアルタイムの記録管理が行われたことも史上初。
これまでは、最終的な公式記録とレコードブックの作成にはなんと大会終了後数ヶ月もの期間を要していたとのことで、当時の東京オリンピックでどれほどの最新技術が盛り込まれたのかが伺えますね。

東京オリンピックの成功は、別の局面でも成果を残します。
開催直前の同年4月には、日本が経済協力開発機構(OECD)への加盟が認められました。
東京オリンピックの質の高さが認められたことが大きな要因となったそうです。

また、当時の選手村では初めて、ブルガリアの選手カップルが結婚式を挙げたそうです。
そういえば、2016年のリオオリンピックでは選手の公開プロポーズラッシュが話題になりましたが…
その最初の流れはもしかしたら東京オリンピックかも!?

●次回オリンピックの経済効果は?

さて、オリンピックは、そのひとつひとつが多くの人々の思いが詰まった、
色んなチャレンジの集大成だと言われます。
来る2020年の東京オリンピックでは、どんなドラマや歴史が生まれるのでしょうか?
まだ3年後の話なのでオリンピック自体は予測不可能なところが多いですが、
その経済効果については32兆3000億円を超え、それと同時に190万人の雇用を生むと試算されています。

●東京が観光客でパンクする!?

特に期待されるのが、訪日外国人増に伴う観光業の拡大。
東京都の試算によると、オリンピック開催期間(17日)で、一日当たり92万人の外国人が来場。
数にして1,564万人がオリンピックのために東京を訪れます。
東京の昼間人口は1,558万人、一日当たりの宿泊者数は11万人ですから、
東京が外国人客でパンクしそうですね。
ホテルに至っては、日々今の9倍の人数をさばけるようになる必要があります。
幸い、訪日観光客はかねてより増加の一途を辿っているので、ホテルはどんどん増えていますが、部屋の確保がいかに出来るかが訪日観光客ゲットの生命線になりそうですね。
また、日本人観光客も上記の試算に加味すると、想像を遥かに超える数の人が
東京に集中することが考えられます。
観光業は円高・株安の影響を受けづらい業界であると評価されており、
オリンピックのときにも成長戦略の大きな柱と考えられています。

とはいえ外国人にお金を落としてもらうには課題も山積しており、
・ホテルでの、外国語で接客できる従業員の雇用や文化・宗教事情に柔軟に対応できる施設準備
・諸外国に対するのビザ発給緩和などの手配を急がなければいけないと言われています。

●クレジットカード文化に異変が!?

オリンピックを迎えるに当たり、クレジットカードも大きく変わらないといけないそうです。
日本は諸外国に比べクレジットカードの利用率が低く、外国人客を受け入れるためにキャッシュレス化を推進すると国が明らかにしています。
外国発行のクレジットカード利用可能なATM普及、
カード決済端末の普及促進などの電子決済がもっと普及すれば、
オリンピック後の訪日客の激増が見込めるかもしれませんね。

さて、過去のオリンピックを振り返り、次回のオリンピックでどのようなことが期待されるのか…
一部ですが紹介してみました。イメージは湧きましたか?
1964年東京オリンピックのとき、公務員の初任給はわずか23,000円だったそう。
そこからの経済発展が、今私たちの生活を豊かにしてくれているのは間違いありません。
次回2020年のオリンピックは日本の歴史にどんな軌跡を残し、世界にどんなメッセージを発信するのでしょうか。
少し先のようでごく近い未来、2020年東京オリンピックを経験したあと、わたしたちの日常は、今とは少し変わっているかもしれません。
経済情勢も、その国に住む人たちの生活も、時代が移ろえば変わります。

当社主催のセミナーは、未来に今から備えるための情報を余すところなく提供いたします。
一度足を運んで頂けば大きな発見がありますよ!
この機会に是非、未来のご自分の生活について考えてみませんか?

【参照】
2020年東京オリンピック Wikipedia
1964年東京オリンピック Wikipedia
セカイコネクト≪今、ニッポンにはこの夢の力が必要だ。≫

■□■…………………………………………………………………………………

『素敵な未来を創る為のマンション経営セミナー』

講師 : 原田 圭介(株式会社えん 課長代理)

内容 : 低金利、年金崩壊、大増税、株価不安定、
ご退職後でもしょうがないといえますか?
貸家事業でローンを活用して、他力的な家賃で
資産を形成していくセミナーです。

日時 : 10月14日(土)13:30~15:00 ※13:00受付開始

会場 : 株式会社えんコーポレーション西通り本店2階
(福岡市中央区天神2-6-23ワイ・エス・ケイ天神ビル2階)

参加料 : 無料

定員 : 先着20名
moushikomi

※お電話でのご予約も受け付けております。
TEL 0120-81-6691 (月~金9:30~18:00)
…………………………………………………………………………………■□■

「思わず誰かに話したくなるような情報をお届けしたい!」
という思いで作成しております。
次回もホンナこつや!?通信をお楽しみに!

メールマガジンの登録はこちらから